温泉へ 広島1(番外?)~クアハウス湯の山

広島にもいろんな温泉がありますが、行ったのは日帰りで利用する施設だけなので、施設の紹介かな。

1つ目は、湯の山温泉にある「クアハウス湯の山」です。
場所は広島市佐伯区湯来町。佐伯区の中心部からでも1時間程度かかります。すっかり山の中。ここは本当に広島市内なのかと、不安になりながら進んでいくと、ちょっとお店などが出てき始めて、突き当りを右方向に行けば付きます。右に曲がるまではほぼ直線です。

ここは温泉ですが、プールなんです。クアハウスなので、水着でお風呂も入れます。裸で入る本当のお風呂も小さいですがあります。
入るのに大人は1500円かかります。けっこうな金額がかかりますが、手ぶらでも行けるくらいなんでもそろっています。バスタオルとフェイスタオルは受付したらその場で貸してもらえます。水着も頼めばあるそうです。帽子は勝手に使えるように山積みになっています。
赤ちゃんでも入れる屋内プールというのはとても少ないので、ここはとても貴重です。

赤ちゃん用のアームヘルパーは持っていく必要があります。浮き輪の持込はOKです。空気を入れる機械が受付にありました。勝手に使えます。

中は25Mプール1つと、小さいプールが2つ。25Mプールの横のほうが浅くなっていて、小さい子用のスペースも確保されています。
さらに、120センチ以上ならウォータースライダーが滑れます。大きい子ばかりなので子どもだけで上がっていきますが、上に係の人がいるので危なくないように思いました。

プールで疲れたら、2階のお風呂コーナーに行ってゆっくり疲れます。泡ぶろや寝湯、蒸し風呂などいろいろあり、外に小さい露天風呂と打たせ水がありました。

うちはトータル2時間くらい入っていました。お風呂のほうで泳ごうとするので、気を付けてみておかないといけないなと思いました。

家族全員でお風呂に入って、遊べて、と、一緒に入れるというのもとてもいいですよ。
3階に休憩スペースとうどんなどを売っている売店があるので、食事もできます。

湯来町は夏でも心持ち涼しいです。冬場は雪で凍結するかな。
ここは温泉地でもあるので、クアハウスで遊び、温泉宿に泊まることも可能です。

ハッピーマンデー反対!

いつから始まったんでしたっけ、ハッピーマンデー。祝日が出来た由来とか取っ払って、なぜか月曜日にしちゃった法律ができたのは。

サービス業に従事する人間がいるから、祝日のお出掛けは成り立ちます。
土日に休める人が遊びにいったり買い物したりする場所を提供するために、縁の下の力持ちのようなことをしています。

そして、そんな人たちにも家族があります。子供もいます。

サービス業のパパやママを持つ子供は、連休中どうしろっていうんでしょうね。みんなはお出掛けできるかもしれない。でも自分の親は働いている。不公平感を感じるなというほうが無理です。

自分が子供のころも父は仕事で休めないことが多かったです。でも、そのころは土曜日学校があったし、今ほどレジャーは多くなかったように思います。だから、いなくてもいいかなとか思っていました。連休じゃなかったし。

家で子どもを見る方の親に不必要な負担がかかっていることに、誰か気づいてくれているんでしょうか。これはほとんどの場合母親になります。ほかのおうちはパパとどこかに行っている。うちも行きたい。と言われます。でも、母親一人で遠くのレジャー施設まで行くことは、子供が複数だとものすごく大変です。
3日間も家にいれば、子供にもストレスがたまりますから、全部家にいるのは無理があります。1回の連休ならなんとかごまかせても、月に2回とか2週連続2連休とかになると、子供の「どっか連れていけ」アピールはすごいですよ。
平日は学校で6時間まで勉強してくるから遊ぶ時間は短いです。週末に埋め合わせしたくても遊ぶ友達はみんな家族で出かけてる。このさみしさは小さいけど、重なると大きくなって行きます。
大きくなるまでの辛抱ですかね。小さい今が大変だと思うんですけど。

連休作って出かけてお金使え!という圧力を感じます。
土日しか出かけられないのに土日家族がそろわない。そんな家庭の悲しさや寂しさをわかってくれる政治家はいないんでしょうね、きっと。

なんでハッピーマンデーなんでしょう。祝日が週の半ばではダメですか?なんのための祝日ですか。
祝日が増えて、土日働いている人は休める日が減りました。結果労働時間が増えました。これはどうしてくれるんでしょう。

誰に言っても答えはないので、こんなところで文句言ってみました。すみません。

増税に物申したい

なぜかここのところ家計が苦しいです。
よくよく給与明細の中身を見てみると、少しづつ手取りが減っています。

年少扶養控除の廃止から始まって、保険料があがったり、介護保険が始まったり、所得税が上がったり。理由はいろいろですが、ここ1年で月の手取りが1万近く下がりました。
この上消費税まで8%に上がり、更に10%に上がる事が決まっているという・・・もう溜息しか出てきません。

増税の理由も、保険料などの値上げの理由もわかります。少子高齢化で福祉に使うお金がどんどん多く必要になっていますね。国の借金ももう限界でしょう。
わかるんです。ちゃんと頭では増税は仕方ないと思います。

それでも、きついんです!家族5人が食べて、着て、生活していくのに、いくらかかるか、政治家の方々にどこまでわかっているんでしょう。
本当に借金は減るのか、ちゃんと福祉に使われるのか。疑問がいっぱいありすぎるので、納得してても割り切れないんです。

給料が増える人はいいですよね。きっと大手にお勤めのもともと年収の高い安定した方々は、少しでも上がるんでしょう。建設系の会社も、オリンピック特需もありますから、きっと仕事が増えて上がりますね。
しかし、必需品ではない小売業に勤める家庭は、確実に上がりません。もう上がらないとわかっています。

この不公平感。どうしたら解消されるんでしょう。

今まで長いこと右肩下がりできたので、「本当によくなるのか?」という一般国民の猜疑心は強いものがありますよ。それを打ち破るだけの方策を打ち出してもらって安心させてもらいたいです。

少しでも何かの時の家計の足しになればと、すくないながらもへそくりを貯めてはいますが、日々の生活費で精一杯で思うように貯める事もままなりません。

へそくり貯金で節約上手~不景気を生き抜く知恵
このようなホームページを参考にしながら、節約意識を高めてへそくりも貯めたいとは思っているんですけどね…。

子を持つ親のクリスマスの悩み

1年でも一番というくらいのイベント、クリスマス。
子供はクリスマスが終わったら、もう次のクリスマスを楽しみにしています。そして、夏が終わったらもうカウントダウン?って感じ。

うちではクリスマスモードになるのは12月からです。子供によって1日からツリーを出します。「だして!」アピールがすごい!
そして、カウントダウンのカレンダーを書いて貼り、毎日決して待ちます。
それ以上に飾り付けたりしないんですけどね。小さい子がいると食べられちゃうので。でも、今年は少しは飾っても大丈夫かもと期待しています。

しかし、親の準備はもっと早めに動きだします。リクエストによっては、12月入ってからでは手に入らないものや間に合わないものが出てくるからです。
みんな買うからネットでも品薄になったりする危険性があります。とくに男子の場合は仮面ライダー系ですね。新ライダーに秋から変わっているので。

今年はキックスケーターと、ヒーローのガブリボルバーは決まっているみたいです。キックスケーターは変更の可能性がありますが。
さらに末っ子のプレゼントが問題。サンタさんに何をリクエストするか決めなくてはいけません。おもちゃ?乗り物?絵本?何がほしいか決まっちゃって困ることも多いですが、言ってくれないのも困ります。

先日バランスバイクの宣伝映像を延々とお店で見ていた末っ子。お兄ちゃんたちみたいな自転車ってわかるんでしょうか。
電車もすきで、近所で電車を見るたびに興奮します。

家にいっぱいある電車の新しいのを買ってあげるか、バランスバイクにするか…。どっちも喜ぶでしょう。でもバイク乗れるかな。電車使うかな。外れたら悲しいし…。

長クリスマス前になると、安くなくても売れるので、ネットの値段も下がりにくいです。定価の高いものにするなら早めにゲットしておきたいなぁというのが本音です。
お兄ちゃんたちに相談に乗ってもらおうと思います。

美容院に行ったら

私はあんまり美容院に行きません。
自分の月のおこづかいが3000円なので、そこから美容院代をねん出しようとすると3か月に1回程度がせいいっぱいなんです。

しかし、今度は春に引越しをしたので、美容院を探すのも面倒で、10か月行きませんでした。夏場はまとめてしまうから切らなくても困らないしね、と考えて。

で、10か月ぶりに美容院に行きました。行った先は当然初めてのところです。
幼稚園の近くだったのでよさそうだなと思っていたので。

行ってみて感想。美容師さんによって言葉の受け取り方て違うな、と思いました。

私は「だいたいこんな感じで」と言ってあとはおまかせできるところが好きです。本を見せられて細かいところまで指定するのは苦手なんです。だってそれが自分の頭にどんなふうに乗っかるのかイメージがつかめないから。

昔働いていたころに行っていた美容院もそうでした。
前の住んでたところの美容院もそうでした。
でも、それ以外のほとんどの期間は、なかなか「ここ!」という美容院を決めれなかったです。好みが合わないのか、私がその土地と合わないのか…。

今回は、微妙でした。切って欲しい長さにはきれいに切ってくれたし、うねりの出ないようにしてくれました。でも、若いママならいいけど私はもっとボリュームが欲しい…。
「軽い感じ」と私が言ったからそうしてくれたんです。だからたぶん、美容師さんに責任はありません。
「ここはこれくらいの長さまで短くして、ボリュームが出るように段を入れてくれ」と細かく言っていれば、きっと満足できるように切ってくれたと思います。

シャンプーがとても力強くて気持ちよかったし、雰囲気はよかったです。
来月だと髪が伸びてなくて段を入れてボリュームをだそうと思ったら短くなりすぎるので、次は2か月後くらいに行ってみようと思います。
そう、今の頭はすきじゃない…。残念…。

スポーツの秋

スポーツに気持ちのいい秋は、週末ごとにいろんなイベントがやっていますね。

遠出は出来ないし、子供が出来ることしか参加できないので、ほとんど行くことはありません。
しかし、近所でイベントがあったときにはできるだけ行こうと思っています。

地区のスポーツセンターでやっていたイベントでは、福祉課の人が主体となった子供向けの工作イベントと、スポーツセンターの人が教えてくれるニュースポーツの体験があって、行ってみました。
ニュースポーツは「ペタンク」と「グランドゴルフ」などでした。

やってみると案外難しいというのが素直な感想です。
特にペタンクはほうり投げたボールを転がして、○に入れるんですが、これが入らない…。ボールは弾まないので、落ちたらボトンとほぼ止まります。でも、普通に投げるとけっこう飛んでいくんです。上に投げあげた加減でうまく入れるみたいなんですが。
グランドゴルフは2歳児でもなんとか形になりました。小学生になれば、けっこうコントロールを考えて打てるので面白いみたいです。何度も繰り返していました。

トランポリンもあって、一人30秒交代でした。うちの怖がり園児は最初表情が固まっていましたが、2回目は楽しめたそうです。

知っているスポーツだけでなく、知らないスポーツもあって、やってみるとどれも工夫が必要だったりして面白いです。こうやって体験をして、工夫する面白さにはまっていくんでしょうね。
団体のスポーツでは味わえない面白さでした。

生涯スポーツのほうが、年齢や性別関係なく楽しめるんですね。いくつも体験できて、子供にはとても新鮮だったようです。
かれらの中から、大きくなってもやってみようという人が出てくるでしょう。応援したいものです。

ダイエットに適した時期と適さない時期

食欲の秋だから、と言い訳をして食べてばかりではいけません。
と自分にも言い聞かせながら、ダイエットを少しばかりやっています。

ダイエットで困ることと言えば、やはり「停滞期」ですよね。

痩せようと思った時、女性の場合、痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。ご存じでしょうか。

痩せやすい時期は、月経開始から排卵までの卵胞期。
痩せにくい時期は、排卵から月経までの黄体期。

卵胞期は、体がエネルギーをため込む必要がない時期なので、カロリーを減らしたり消費すると、効率がいいです。
黄体期は、妊娠に備えて脂肪や栄養をため込む時期なので、少々カロリーを減らしたくらいでは変わりません。

このことを踏まえて、私は卵胞期はチャンス期間、黄体期は我慢期間と考えています。
卵胞期に脂肪や体重を減らし、黄体期は現状維持に徹するんです。

しかしここに落とし穴があります。
がんばった結果が体重計に反映されるまでに10日から2週間かかります。今日食べるものを減らしたからと言って、運動したからと言って、すぐ体重が減るわけじゃないんです。

なので、体重計では、卵胞期には減らず、黄体期に減るというサイクルになります。
だから体重の上では、卵胞期は我慢期間、黄体期は結果が出る期間になってしまいます。実際の逆ですね。

ダイエットを始めて2週間がんばって体重が減ってきた!喜んで油断すると、ため込む時期に油断することになってリバウンドします。
さらに2週間たった1か月後。ここまでがんばってきたのに、体重が減らなくなります。ここでがっかりしてしまってもリバウンドします。

ダイエットの鉄則は、すこしづつでいいから続けること。体重が減りやすい時期と減りにくい時期、それと反対になる体重計で変わらない時期と減る時期。この関係を理解していると、減らない時期も乗り越えられます。

数百グラムの増減に一喜一憂せず、気長に続けるのがコツでしょうね。

そういう私も一進一退を繰り返しています。続けることを肝に銘じて頑張っていきます。

美味しいご飯の炊き方を知っていますか?

もうすぐ私の大好きな新米の季節。
おいしいものもいっぱいお店に並んでくる時期ですね。

スーパーでは早くも「新米入荷」なんて幟までたっていました。新米って来年度産の米がとれるまで新米のような…。とれたてがおいしいのは間違いないので、それだけみんな待っているものなんですよね。

最近コメの消費量が増えてきて、スーパーで買うのが大変になってきました。月15キロくらいならまだまだなんでしょうが、自転車で買うにはきついし、ネットスーパーでは15キロ売りなんてありませんし。2回も頼むと手数料が気になるし。

そんなことを考えて、最近はお米屋さんで買って配達してもらっていました。
私は胚芽米が好きなので、7分づきにしてもらうんです。朝電話したら夕方までに届くのもありがたい。

しかし、もうちょっとお得にならないかと想い、ネットで買ってみました。30キロ。銘柄はちょっと希望外でしたが、30キロ(精米後は27キロ)で一気に買えるのは楽です。しかも値段も魅力的。誰が作ったかもわかるので安心です。

さて、そうやって買ったお米も、ちゃんと炊かないとおいしくなりませんね。
昔風にジャッジャッ、ギュッギュと研いじゃいけないそうですね。精米技術がよくなっているので、強く研ぐと割れたりおいしい部分までなくなったりしちゃうそうです。

「2回すすいで10回掻き混ぜる」を2回繰り返したくらいで十分だそうです。

うちもそうやって炊いています。おいしいかはお釜が古いので微妙ですが、自分は楽になりました。
これから寒くなると、お米を研ぐときの水が冷たいですね。お湯で研いだらおいしくないそうなので、がんばって水に手をつっこんでいましたが、この方法なら水に手を浸さなくていいので助かります。

お米とぎは毎日のことなので、楽しておいしいなら大助かりです。たくさん炊いて、おいしい秋の味覚を楽しみたいと思います。

秋に漂う花の香り

もう真夏の暑さもどこへやら。
最近は朝晩めっきり涼しくなって、夏が終わったんだなと感じますね。

そして秋になると、どこからかいい香りが流れてきます。
あぁ、いい香り、と深呼吸したくなります。

金木犀か銀木犀の香りだと思います。ついつい、「どこから香っているのかな」と周りを見回しますが、見つからないときもありますね。香りが強いから、遠くで咲いているのかもしれません。

子供と歩いていて気付くと教えるんですが、子供は「だから?」という反応です。一応、「いい匂いだね」と返してくれる子もいるんですが、「くさい!」という子もいまして…。さみしいことこの上ないです。
季節の香りでしょう。いいなぁと思う感受性を持ってほしいんですが?と思いつつ、「そうかぁ、くさいんだぁ」とスルーしています。

これが魚を焼くにおいや、お好み焼きのにおいなら「いいにおい!食べたい!」と食いついてきますよねぇ。先日はキャラメルポップコーンに引き寄せられてましたし。

花の香りは秋に限らず感じることがあります。何の花かわからないので誰にもいいませんが、花の甘い匂いは大好きです。

私は視力が弱いので、耳と鼻からの情報には敏感だと思ってきました。しかし、大人になってからは花粉症になったりアレルギー性の鼻炎に悩むことも多く、においにすっかり鈍感になってしまいました。
そんな私だからこそ、花の香りを感じられるのがうれしいです。

自分でガーデニングとかできればいいんですが、センスが全くないので、よそのお宅で楽しませて頂いています。
好みの分かれる分野なので、嫌いな方やアレルギーの方も多いでしょうが、金木犀を「くさい!」と言って切ってしまうような、ぎすぎすした社会にならないでほしいな、と思います。

子どもの性別にこだわる親の気持ち

いろんなサイトやブログを見ていると、子供の性別に拘る人って多いんですね。
がんばったって、希望通りの性別になるわけじゃないでしょうに、と思います。神様からの授かりものでしょうしね。

女の子希望の方や、女の子でよかったという話を見聞きするたびに、複雑な気分になったものです。

うちは男の子3人なんです。最初から女の子がほしかったこともあり、気持ちに踏ん切りがついたのは末っ子が1歳になったころです。あきらめ悪いですねぇ。自分でそう思います。
きものが好きで、手作りが好きなので、女の子がいたらどれだけ楽しめるか!といつもいつもさみしい気分。

別に、今のうちの子たちが女の子だったらいいなぁとは思わないんです。あの子たちを別な子と取り換えたいとも思いません。誰か1人でもいなくなったら絶対いや!
なのになんで思いきれないのか、自分がきらいになることもありました。

なんで思いきれたのか、というと。末っ子が歩き始めて赤ちゃんを卒業したころ、もう赤ちゃんはいらないなぁと思ったからです。もう1回妊娠出産するなんて絶対きつくて無理だから。
満足したということだと思います。

それでも、幼稚園のお手伝いで女の子の髪の毛とか触ると、毎日ママが結ってあげるんだよねぇ、いいなぁと思います。
あこがれですね。うらやましいんじゃないんですよ。単純にいいなぁと思います。

女の子のママさんは、男の子いていいなぁって言われると思いますので、お互い様ですよね。

でも、気楽に「女の子がいなくちゃね」というセリフだけは聞きたくないです。
なかなか子供が授からず何年もさみしい思いをした身としては、安易に性別で分けて欲しくない。差別的に聞こえます。

どっちでもいいでしょ。わが子は自分たちにとって特別な存在です。それが全てです。
みんなもそう思ってほしいなぁと、毎度思ってもやもやしてしまいます。